本文へスキップ

OPECとは

OPECとは



OPECとは

OPEC(Organization of the Petroleum Exporting Countries)とは、サウジアラビアを筆頭とする中東諸国の12か国が加盟する石油輸出国機構のことです。OPECは石油産出国の利益を守ることを目的に結成され、最高決定機関である総会は6月と12月に開かれます(緊急時は臨時で開かれる場合もある)。

原油の埋蔵量の2/3、生産量の1/3は中東諸国で占められていますので、OPECの総会は世界の原油価格や生産量に大きな影響を与えるものとなっています。OPECは世界最大のカルテル(加盟国間で価格や生産量などを協定すること)とされており、世界の原油価格を調整するために、総会では加盟国の原油の生産量が決められます。



OPECバスケット価格とは

OPECバスケット価格とは、OPEC加盟国の代表的な原油価格を加重平均した価格のことで、原油価格を分析する際の指標とされています。



OPECの加盟国

サウジアラビア、イラク、イラン、クウェート、ベネズエラ、カタール、リビア、アラブ首長国連邦、アルジェリア、ナイジェリア、アンゴラ、エクアドル













株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← 原油価格の見方と違い(WTI原油・ドバイ原油・ブレント原油)へ戻る | トップ | IEA(国際エネルギー機関)とはへ進む →


※その他「商品(コモディティ)」に関する記事は以下