本文へスキップ

米石油掘削装置(リグ)稼働数

米石油掘削装置(リグ)稼働数



米石油掘削装置(リグ)稼働数とは

米石油掘削装置(リグ)稼働数とは、米石油サービス大手のベーカー・ヒューズが公表する米国内の最新週のリグの稼働数のことです。



リグとは

リグとは、油田の掘削装置のことで、石油や天然ガスを探索し採取するための装置のことです。



米石油掘削装置(リグ)稼働数の見方

米石油掘削装置(リグ)稼働数は、

  • その数が増加すれば、米国での生産が増え供給が増えるとの見方から原油価格にとって下落要因
  • その数が減少すれば、米国での生産が減り供給が減るとの見方から原油価格にとって上昇要因

となります。ただし、米石油掘削装置(リグ)稼働数の増減が実際に供給に反映されるのは半年以上先となります。また、米石油掘削装置(リグ)稼働数は、原油価格が上昇すれば生産しても採算がとりやすくなるため増加しやすく、原油価格が下落すれば減少しやすいです。原油価格が1%上昇すれば8〜12週後に主要鉱区の稼働数が増える傾向があります。また、新たな油田掘削が始まったりコスト削減が進めば稼働数の増加要因となります。
















株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← 原油在庫統計(米国)へ戻る | トップ | シェールガス・シェールオイルとは(その違い)へ進む →


※その他「商品(コモディティ)」に関する記事は以下