本文へスキップ

マネーストックとは(マネーサプライ・マネタリーベースとの違い)

マネーストックとは(マネーサプライ・マネタリーベースとの違い)



マネーストックとは

マネーストック(Money stock)とは、通貨保有主体が保有する通貨残高(通貨量の残高)のことです(金融機関や中央政府が保有する預金などは対象外です)。金融機関から経済全体に供給されている通貨(お金)の総量を示すものです。

通貨保有主体

通貨保有主体は、居住者のうち一般法人(預金取扱機関、保険会社、政府関係金融機関、証券会社、短資等を除く法人)や個人、地方公共団体、地方公営企業。



マネーストックの見方

マネーストック増加

マネーストックの増加は、銀行の貸出の増加を示しますので、経済全体の通貨量増加を示します。よって、景気にとってはプラス要因となります。ただし、物価が上昇しやすくなりインフレの要因ともなります。

マネーストック減少

マネーストックの減少は、銀行の貸出の減少を示しますので、経済全体の通貨量減少を示します。よって、景気にとってはマイナス要因となります。物価が低下しやすくなりデフレの要因ともなります。




マネーストック統計

マネーストックの統計は、「マネーストック統計」として日本銀行が毎月速報・確報を作成・公表しています。公表時期は以下の通りです。


平残速報

翌月第7営業日(3、9月分は翌月第9営業日)

平残確報・末残確報

翌々月の第7営業日(2、8月分は翌々月第9営業日)


※日本銀行ホームページ、日本銀行本店情報ルーム(8:50〜17:00)で公表されています。



マネーストック統計は、対象とする通貨の範囲に応じて、M1、M2、M3、広義流動性といった4つの指標が2003年4月までさかのぼって公表されており、各指標の定義は以下の通りとなっています。


M1

対象金融機関(全預金取扱機関):M2対象金融機関、ゆうちょ銀行、その他金融機関(全国信用協同組合連合会、信用組合、労働金庫連合会、労働金庫、信用農業協同組合連合会、農業協同組合、信用漁業協同組合連合会、漁業協同組合)

M1=現金通貨+預金通貨
現金通貨→銀行券発行高+貨幣流通高
預金通貨→要求払預金−調査対象金融機関の保有小切手・手形
要求払預金→当座、普通、貯蓄、通知、別段、納税準備

M2

対象金融機関:日本銀行、国内銀行(除くゆうちょ銀行)、外国銀行在日支店、信金中央金庫、信用金庫、農林中央金庫、商工組合中央金庫

M2=現金通貨+国内銀行等に預けられた預金

M3

対象金融機関:M1と同じ。

M3=M1+準通貨+CD(譲渡性預金)=現金通貨+全預金取扱機関に預けられた預金
準通貨→定期預金+据置貯金+定期積金+外貨預金

広義流動性

対象機関:M3対象金融機関、国内銀行信託勘定、中央政府、保険会社等、外債発行機関

広義流動性=M3+金銭の信託+投資信託+金融債+銀行発行普通社債+金融機関発行CP+国債+外債




マネーストックとマネーサプライの違い

マネーストックは、「マネーサプライ」と言われていましたが、2008年6月公表分から「マネーサプライ」から「マネーストック」へと名称が変更となり、 郵政民営化を受け、現金や普通預金の量を表すM1にゆうちょ銀行のデータを加えたほか、証券会社、短資会社および非居住者を集計の対象から除外されました。



マネーストックとマネタリーベースの違い

マネタリーベースとは、資金供給量のことで世の中に出回っている現金と金融機関が中央銀行(日本銀行)に預けている当座預金の残高の合計です。日本銀行が操作できるお金の総量のことを言います。要するに、民間の銀行に供給される貸出の原資となるものです。マネタリーベースは、「現金通貨と法定準備預金」からなり、これを増やすことによって、銀行の預金通貨を増加させて企業への貸出を増やす効果、またその循環効果が期待できます。













株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← G7・G20(主要国国際会議)へ戻る | トップ | OECD景気先行指数(CLI)へ進む →


※その他「経済指標」に関する記事は以下


経済指標


経済指標を見て相場を予測しよう

経済指標を見て相場を予測しよう

雇用

生産

物価

景況感(センチメント)

貿易収支

マネタリーベース

米国の経済指標(1)

雇用

生産

物価

景況感(センチメント)

米国の経済指標(2)

小売売上高

住宅

貿易収支(米国)

FFレート

ベージュブック(地区連銀経済報告)




世界の流れを見よう

OECD・国連・IMF・世界銀行

G7・G20(主要国国際会議)




 もっと詳しく

経済指標をもっと(1)

マネーストックとは(マネーサプライ・マネタリーベースとの違い)

OECD景気先行指数(CLI)

GDPの見方

名目GDP・実質GDPとは(その見方)

名目経済成長率(名目成長率)とは

実質経済成長率(実質成長率)とは

国際収支・経常収支・金融収支・資本移転等収支とは

リビジョン・インデックスとは

期待インフレ率とは

ブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)とは

経済サプライズ指数(エコノミック・サプライズ指数)

経済指標をもっと(2)

単位労働コストとは

労働力人口・労働力率とは

売上高在庫比率とは(在庫売上倍率)

バルチック海運指数

預貸率とは(解説と見方)

米国の経済指標をもっと(1)

月次財政収支(米国)

GDPナウとは(GDP NOW)

FRBNYスタッフ・ナウキャストとは

失業保険継続受給者数

労働市場情勢指数(LMCI )とは

チャレンジャー人員削減数

雇用コスト指数

労働生産性指数

中小企業楽観指数

設備稼働率(米国)

製造業新規受注(米国)

卸売在庫(米国)

輸入物価指数(米国)

個人所得(米国)

個人消費支出(PCE)とは

PCEデフレータ・PCEコアデフレータとは(見方と解説)

消費者信用残高(米国)




米国の経済指標をもっと(2)

ダラス連銀製造業活動指数

リッチモンド連銀製造業指数

シカゴ連銀全米活動指数(CFNAI)

建設支出(米国)

住宅取得能力指数

MBA住宅ローン申請指数

中古住宅販売保留指数(米国)

米国商業用不動産価格指数(グリーン・ストリート・アドバイザーズ)

金融ストレス指数

景気先行指数

IBD/TIPP景気楽観指数

欧州の経済指標

ドイツ

独IFO景況指数

独ZEW景気期待指数

独鉱工業生産(IIP)

独生産者物価指数(PPI)

独消費者物価指数(CPI)


ユーロ圏

ユーロ圏製造業PMI

ユーロ圏サービス業PMI

ユーロ圏ZEW景況感調査

日本の経済指標をもっと

財政収支(日本)

法人企業景気予測調査

景況判断BSI(景況判断指数)

製造工業生産予測指数

設備稼働率(日本)

第3次産業活動指数(ITA)

工作機械受注額

対外証券投資・対内証券投資とは

対外純資産残高とは

さくらレポートとは(地域経済報告)

輸入物価指数(日本)

刈込平均値とは

消費者態度指数

消費活動指数

企業向けサービス価格指数




アジアの経済指標

アジア・コンセンサス