本文へスキップ

国債入札のマイナス利回りによる影響

国債入札のマイナス利回りによる影響



国債入札の仕組み

国債入札では、条件付の国債をいくらで買うかを競います。高い金額を提示した金融機関がその国債を買うことができる仕組みになっています。国債の価格は。金融機関が市場で流通する国債の価格を参考に入札価格を決定することが多いです。

国債入札のマイナス利回りとは

日本銀行によるマイナス金利政策の影響で、国債入札でマイナス利回りがついています。金利は、お金を借りた側が貸した側に対価として払う資金の貸借料・使用料ですが、国債入札でマイナス利回りがつくということは、国債を発行して借金をした国に儲けがでることになります。国は借りた金額よりも少ない金額しか返さなくてよくなるのです。この国債入札のマイナス利回りによって、誰が得をして誰が損をするのでしょうか?



国債入札のマイナス利回りによる影響

さて、この国債入札、マイナス利回りとなれば一見すると国債を落札する金融機関が損をすることになりそうですが、金融機関はこれを落札しています。

それはなぜか?

それは、金融機関は国から買った国債価格よりも高い価格で転売できると思っているからです。
誰に転売するのかというと、中央銀行である日本銀行(日銀)です。

日銀はマイナス金利政策を導入する前から金融政策による量的・質的緩和で国債を買っています。日銀が買う国債価格は市場価格と連動しており、国債の落札価格より高くなっています。金融機関からすれば、国債を国から買って日銀に売れば儲けが出ることになります。ですので、マイナス利回りであったとしても差額で利益を得られるのです。
この場合、国は国債のマイナス利回りによって利益が出て、金融機関も国債を国から買って日銀に売れば利益が出ます。ここで損をするのは日銀となります。日銀は年間の利益の一部を国に納めているのですが、国債のマイナス利回りによってその利益分が減少し、国に納めるお金が減少してしまいますので、結局その損失は国民に回ってくることになります。こういったことが続けば、国際的に日本の財政規律が疑問視されやすくなります。













株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← 国債入札とはへ戻る | トップ | プライマリー・ディーラー(国債市場特別参加者)とはへ進む →


※その他「債券」に関する記事は以下


債券


基礎知識

はじめに

国債の基礎知識

景気と金利と株価の関係

為替と金利の関係

不動産と金利の関係

金融緩和と金利の関係

カネ余りと金利の関係

債務不履行(デフォルト)とは

国債の相場


表面利率とは(利回りとの違い)

債券・金利をもっと(1)

長期金利とは

長期金利の上昇要因

長期金利の下落要因

短期金利とは

中立金利とは

レポ取引・レポ金利・レポ市場とは

債券・金利をもっと(2)

国債入札とは

国債入札のマイナス利回りによる影響

プライマリー・ディーラー(国債市場特別参加者)とは

日本10年国債とは

米国10年国債とは

米国2年国債とは

割引債とは(ゼロクーポン債・ディスカウント債)

利付債とは

固定利付国債(確定利率国債)とは

物価連動国債(インフレ連動国債)とは




債券・金利をもっと(3)

赤字国債とは・建設国債とは

政府(財務省)が国債の発行を増やしたら?

イールドカーブ(利回り曲線)とは

順イールドとは

逆イールドとは

イールドスプレッドとは

イールドレシオとは

ジャンク債とは(債務不履行率上昇に警戒)

偶発転換社債(CoCo債)とは

EB債(他社転換社債)とは

永久債とは

財投債とは

借換債とは

金利リスク(金利変動リスク)とは

長期プライムレートとは

社債の金利の決め方(金利上乗せによる影響)

債券・金利をもっと(4)

公社債種類別店頭売買高とは(解説と見方)

債券市場サーベイとは

グリーンボンドとは

債券・金利をもっと(5)

VaRショックとは

クラウディングアウトとは