本文へスキップ

米国2年国債とは

米国2年国債とは



米国2年国債とは

米国2年国債とは、米国の財務省が国の運営に必要な資金を集めるために発行する償還期間が2年の国債のことです。
経済大国である米国の国債は世界的に信用度が高く、その売買量も世界最大であるため、各国からドル建て外貨準備の主要な投資先として利用されています。また、安全な金融商品としての認識も高いため、有事の際は米国の国債に資金が流入しやすい傾向があります。

米国の国債は、償還期間が1年以下のものを割引債、1年超(2年以上)のものを利付債として発行され、短期国債である2,3日〜52週間の割引債を「TーBills(Treasury Bills)」、中期国債である2・3・5・7・10年物の利付債を「T-Notes(Treasury Notes)」、長期国債である30年物の利付債を「T−Bonds(Treasury Bonds)」といい、米国2年国債は「T-Notes(Treasury Notes)」にあたります。



米国2年国債と米国10年国債

米国の国債の中で最も注目されるのは、米国の長期金利の指標として見られている「米国10年国債(の利回り)」ですが、その次に注目されやすいのは米国2年国債(の利回り)です。
というのも、米国10年国債は中期国債ではあるものの、償還期間が10年と長く、基本的に米国の10年間の金融政策を織り込みながら推移する国債であるため、長期的な指標や財政の動向を見るには適しますが、短期的な動向を見るには適さないことがあります。そこで注目されるのが米国2年国債です。米国2年国債であれば償還期間が2年と短期であるため、長期的な指標や財政は関係なくなり、短期的な米国の動向(米国の金融政策で利上げや利下げなどが短期的に実施されることが予測される局面など)を見るのに適しています。ゆえに、米国の国債の動向を見る際は、米国10年国債(の利回り)と米国2年国債(の利回り)の推移をセットで見るのが一般的です。


※米国2年国債&米国10年国債利回りの推移は、当サイトの姉妹サイト「株式マーケットデータ」で確認できます。















株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← 米国10年国債とはへ戻る | トップ | 割引債とは(ゼロクーポン債・ディスカウント債)へ進む →


※その他「債券」に関する記事は以下


債券


基礎知識

はじめに

国債の基礎知識

景気と金利と株価の関係

為替と金利の関係

不動産と金利の関係

金融緩和と金利の関係

カネ余りと金利の関係

債務不履行(デフォルト)とは

国債の相場


表面利率とは(利回りとの違い)

債券・金利をもっと(1)

長期金利とは

長期金利の上昇要因

長期金利の下落要因

短期金利とは

中立金利とは

レポ取引・レポ金利・レポ市場とは

債券・金利をもっと(2)

国債入札とは

国債入札のマイナス利回りによる影響

プライマリー・ディーラー(国債市場特別参加者)とは

日本10年国債とは

米国10年国債とは

米国2年国債とは

割引債とは(ゼロクーポン債・ディスカウント債)

利付債とは

固定利付国債(確定利率国債)とは

物価連動国債(インフレ連動国債)とは




債券・金利をもっと(3)

赤字国債とは・建設国債とは

政府(財務省)が国債の発行を増やしたら?

イールドカーブ(利回り曲線)とは

順イールドとは

逆イールドとは

イールドスプレッドとは

イールドレシオとは

ジャンク債とは(債務不履行率上昇に警戒)

偶発転換社債(CoCo債)とは

EB債(他社転換社債)とは

永久債とは

財投債とは

借換債とは

金利リスク(金利変動リスク)とは

長期プライムレートとは

社債の金利の決め方(金利上乗せによる影響)

債券・金利をもっと(4)

公社債種類別店頭売買高とは(解説と見方)

債券市場サーベイとは

グリーンボンドとは

債券・金利をもっと(5)

VaRショックとは

クラウディングアウトとは