本文へスキップ

長期金利の下落要因

長期金利の下落要因



長期金利は、新発10年国債が人気になって買われれば低下し、新発10年国債が不人気になって売られれば上昇する、というのは「長期金利とは」のページで解説した通りです。また、長期金利が上昇する要因は前ページの「長期金利の上昇要因」で解説した通りです。
当ページでは、逆に長期金利が下落する要因について解説します。まずは、長期金利が動く要因についておさらいします。



長期金利が動く要因

短期金利の動向は、中央銀行(日本の場合は日本銀行)の金融政策によって調整されますが、長期金利の動向は、長期的な資金の需給がより強く影響します(中央銀行の金融政策の影響も受けますが)。
長期金利は新発10年国債(長期の国債))の相場によって動きますので、新発10年国債の需給によって決まります。長期の国債を買うということは長期の資金を運用するということで、長期の国債を売るということは長期資金を調達するということです。要するに、将来の物価の動向の予測(インフレに進むかデフレに進むか)や将来の金融政策の予測によって、長期の国債は売ったり買ったりされるのです。



長期金利の下落要因

株式はリスクのある資産(リスク資産)として認識されていますが、国債は国が発行する債券なので、比較的安全資産として認識されています。よって、投資家がリスクをとれない状況の時は、安全資産へとお金を移しますので、国債は買われやすくなります。逆に、投資家がリスクをとれる状況の時は、安全資産である国債でお金を運用するより、リスク資産である株式などで運用した方が利益が出やすいので、国債は売られやすくなります。要するに、投資家がリスクをとれない状況の時は、新発10年国債は買われやすくなって長期金利は低下します。
これを踏まえた上で、主に長期金利が下落する要因を以下に挙げます。

  ・経済が鈍化して不景気
  ・物価下落
  ・国債の需給良好

などが主な長期金利の下落要因となります。また、長期金利が下落するような金融政策が打たれると予測されたときも長期金利が下落する要因となります。ここで注意したいのはこれらは予測の段階で動くということです。上記の下落要因が将来起こると予測された段階で長期金利は動きますので注意が必要です。













株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← 長期金利の上昇要因へ戻る | トップ | 短期金利とはへ進む →


※その他「債券」に関する記事は以下


債券


基礎知識

はじめに

国債の基礎知識

景気と金利と株価の関係

為替と金利の関係

不動産と金利の関係

金融緩和と金利の関係

カネ余りと金利の関係

債務不履行(デフォルト)とは

国債の相場


表面利率とは(利回りとの違い)

債券・金利をもっと(1)

長期金利とは

長期金利の上昇要因

長期金利の下落要因

短期金利とは

中立金利とは

レポ取引・レポ金利・レポ市場とは

債券・金利をもっと(2)

国債入札とは

国債入札のマイナス利回りによる影響

プライマリー・ディーラー(国債市場特別参加者)とは

日本10年国債とは

米国10年国債とは

米国2年国債とは

割引債とは(ゼロクーポン債・ディスカウント債)

利付債とは

固定利付国債(確定利率国債)とは

物価連動国債(インフレ連動国債)とは




債券・金利をもっと(3)

赤字国債とは・建設国債とは

政府(財務省)が国債の発行を増やしたら?

イールドカーブ(利回り曲線)とは

順イールドとは

逆イールドとは

イールドスプレッドとは

イールドレシオとは

ジャンク債とは(債務不履行率上昇に警戒)

偶発転換社債(CoCo債)とは

EB債(他社転換社債)とは

永久債とは

財投債とは

借換債とは

金利リスク(金利変動リスク)とは

長期プライムレートとは

社債の金利の決め方(金利上乗せによる影響)

債券・金利をもっと(4)

公社債種類別店頭売買高とは(解説と見方)

債券市場サーベイとは

グリーンボンドとは

債券・金利をもっと(5)

VaRショックとは

クラウディングアウトとは