本文へスキップ

長期金利とは

長期金利とは



長期金利とは

長期金利とは、お金を貸し出す期間が1年以上の場合に適用される金利のことです(1年未満の場合は「短期金利」)。



長期金利と債券の関係

金利は債券相場によって動きますので、長期金利も債券の相場によって動きます。長期金利が指標としているのは「新発10年国債(国が新規に発行する償還期間が10年の国債)」の「利回り」ですので、一般的に「長期金利」と言えば「新発10年国債利回り」のことを指します。ニュースや新聞等で「日本の長期金利」と出てくれば「日本の新発10年国債利回り」のことを、「米国の長期金利」と出てくれば「米国の新発10年国債利回り」のことを指しています。

債券は、債券価格とその利回りが注目され、債券価格が値上がりすれば利回りは低下し、債券価格が値下りすれば利回りは上昇します。ゆえに、新発10年国債が値上がりすれば長期金利は低下し、新発10年国債が値下がりすれば長期金利は上昇します。少しややこしいですが、要するに新発10年国債が人気になって買う人が増えれば新発10年国債の価格が値上がって利回りは低下し長期金利は低下、新発10年国債の不人気になって買う人が減れば新発10年国債の価格が値下がって利回りは上昇し長期金利は上昇する、ということです。



長期金利の上昇・下落による影響

長期金利は、個人向けの住宅ローンの金利や銀行が企業へ資金を融資する際の金利、財政投融資金利に大きく影響する金利なので、その動向は経済景気に大きく影響します。金利が低下すればお金を借りやすくなりますので、個人は住宅購入など大きな買い物をしやすくなりますし、企業はお金を借りて設備投資しやすくなりますので、経済や景気が上向きになることが期待できます。
逆に金利が上昇すればお金を借りにくくなりますので、個人は大きな買い物を手控え、企業も設備投資に積極的になれず、経済や景気が下向きになりやすくなります。よって、長期金利の動向は経済や景気に大きな影響を与えるのです。

では、どういった要因で長期金利は上がったり下がったりするのでしょうか?その解説は次ページに続きます。













株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← 表面利率とは(利回りとの違い)へ戻る | トップ | 長期金利の上昇要因へ進む →


※その他「債券」に関する記事は以下


債券


基礎知識

はじめに

国債の基礎知識

景気と金利と株価の関係

為替と金利の関係

不動産と金利の関係

金融緩和と金利の関係

カネ余りと金利の関係

債務不履行(デフォルト)とは

国債の相場


表面利率とは(利回りとの違い)

債券・金利をもっと(1)

長期金利とは

長期金利の上昇要因

長期金利の下落要因

短期金利とは

中立金利とは

レポ取引・レポ金利・レポ市場とは

債券・金利をもっと(2)

国債入札とは

国債入札のマイナス利回りによる影響

プライマリー・ディーラー(国債市場特別参加者)とは

日本10年国債とは

米国10年国債とは

米国2年国債とは

割引債とは(ゼロクーポン債・ディスカウント債)

利付債とは

固定利付国債(確定利率国債)とは

物価連動国債(インフレ連動国債)とは




債券・金利をもっと(3)

赤字国債とは・建設国債とは

政府(財務省)が国債の発行を増やしたら?

イールドカーブ(利回り曲線)とは

順イールドとは

逆イールドとは

イールドスプレッドとは

イールドレシオとは

ジャンク債とは(債務不履行率上昇に警戒)

偶発転換社債(CoCo債)とは

EB債(他社転換社債)とは

永久債とは

財投債とは

借換債とは

金利リスク(金利変動リスク)とは

長期プライムレートとは

社債の金利の決め方(金利上乗せによる影響)

債券・金利をもっと(4)

公社債種類別店頭売買高とは(解説と見方)

債券市場サーベイとは

グリーンボンドとは

債券・金利をもっと(5)

VaRショックとは

クラウディングアウトとは