本文へスキップ

国債の相場

国債の相場



米国債の相場について

米国債の相場は、債券型投資信託が大きなトレンドを決めている面がありますので、米国債の相場を見る場合、そちらも合わせて見てみるとわかりやすいです。米国債の相場では、高値や安値圏に近付いてきたり高値や安値を突破してきたりすると市場が荒れやすくなります。その影響は株式市場や為替市場にも及んできますので注意が必要となります。
また、米国債の入札週は金利が不安定になりやすく、米国債の金利を気にしている為替市場や株式市場も不安定になりやすいので注意しましょう。米国債の金利を操作できるのはFRB議長です。FRB議長の発言で相場は動きやすいので、その発言内容にも注意が必要となります。


さて、国債と株式の関係を見ますと、米国債の金利が上昇していて米株式も上昇している局面になりますと、米株式は業績相場に入っていると見ることができます。業績相場とは、業績の良い企業の株が買われやすくなるということです。当たり前の話に思われるかもしれませんが、株式市場では業績の良い企業の株が当たり前のように上がらないこともあるのです。米国が業績相場に入ると、米株式で業績の良い銘柄が買われやすくなりますので、そういった銘柄を注視しておくと業績相場の動きがわかりやすくなります。




※リアルタイムの国債の動きは、当サイトのリアルタイム世界の株価のページの「国債・金利」の欄で確認できます。













株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← 債務不履行(デフォルト)へ戻る | トップ | 表面利率とは(利回りとの違い)へ進む →


※その他「債券」に関する記事は以下


債券


基礎知識

はじめに

国債の基礎知識

景気と金利と株価の関係

為替と金利の関係

不動産と金利の関係

金融緩和と金利の関係

カネ余りと金利の関係

債務不履行(デフォルト)とは

国債の相場


表面利率とは(利回りとの違い)

債券・金利をもっと(1)

長期金利とは

長期金利の上昇要因

長期金利の下落要因

短期金利とは

中立金利とは

レポ取引・レポ金利・レポ市場とは

債券・金利をもっと(2)

国債入札とは

国債入札のマイナス利回りによる影響

プライマリー・ディーラー(国債市場特別参加者)とは

日本10年国債とは

米国10年国債とは

米国2年国債とは

割引債とは(ゼロクーポン債・ディスカウント債)

利付債とは

固定利付国債(確定利率国債)とは

物価連動国債(インフレ連動国債)とは




債券・金利をもっと(3)

赤字国債とは・建設国債とは

政府(財務省)が国債の発行を増やしたら?

イールドカーブ(利回り曲線)とは

順イールドとは

逆イールドとは

イールドスプレッドとは

イールドレシオとは

ジャンク債とは(債務不履行率上昇に警戒)

偶発転換社債(CoCo債)とは

EB債(他社転換社債)とは

永久債とは

財投債とは

借換債とは

金利リスク(金利変動リスク)とは

長期プライムレートとは

社債の金利の決め方(金利上乗せによる影響)

債券・金利をもっと(4)

公社債種類別店頭売買高とは(解説と見方)

債券市場サーベイとは

グリーンボンドとは

債券・金利をもっと(5)

VaRショックとは

クラウディングアウトとは