本文へスキップ

経済指標を見て相場を予測しよう

経済指標を見て相場を予測しよう



経済指標とは

株価は企業の業績によって左右されますが、その業績を左右する最も大きな要因は「景気」です。景気が良くなれば消費が増えて企業の業績が上がります。企業の業績が上がれば、配当など株主還元が増えることが予想されますので、株式を買いたい人が増え、株価も上がりやすくなるのです。よって、株価の根幹は「景気」ということになります。景気は現在良いのか悪いのか、景気はこの先良くなっていくのか悪くなっていくのか、それを教えてくれるのが「経済指標」です。

経済指標とは、各国政府や中央銀行、経済関連の省庁が発表する経済の統計のことです。経済指標では金利雇用生産物価景況感(センチメント)、消費、貿易収支などが数値化されて発表されます。その国の経済状況を示しますので、経済指標はファンダメンタル分析の根幹を成すと言えます。
経済指標の動向次第で相場は大きく変動します。相場の潮目が一気に転換することもあります。投資家はそれだけ経済指標に注目しているのです。よって、個人投資家も重要な経済指標が発表される日時は随時チェックしておき、相場の変動に対応していく必要があるのです。

経済指標は、日本の経済指標だけ見ていても相場を判断することはできません。経済はグローバル化しており、金融商品もグローバル化しています。よって、世界の経済指標、特に世界の経済大国である米国の経済指標は日本株に多大な影響を与えます。また、欧州、中国、新興国などの経済指標も見逃すことはできません。企業によっては米国より他の国の依存度が高い場合があるので、その動向によっては日本株は米国同様、多大な影響を与えるからです。
また、日本株は外国人保有率が高い株です。各国の経済指標は為替にも影響を与えますので、例えば、どこかの国の経済指標が悪化してその国の通貨が安くなれば、円は円高に向かいます。円高になれば日本株を持っている外国人は為替だけで為替差損が出てしまうので、日本株を処分しやすくなります。そうなれば日本株は下落してしまいますので、各国の経済指標は日本株にとっても影響があるのです。



経済指標を見るポイント

経済指標は、市場予想と比べてどうかがポイントになります。市場予想通りであれば、すでに株価には織込まれているとされ大きな材料にはなりにくいですが、市場予想より結果が離れていれば離れているだけ大きなサプライズとなり、相場を動かす要因となります。



ハード指標とマインド指標とは?

経済指標には、ハード指標とマインド指標があります。ハード指標とは、現在の経済状況を示す指標です。マインド指標とは、景況感など企業や消費者のマインドを数値化した指標のことを指します。
ハード指標が悪化するのも良くないことですが、マインド指標の悪化は特に良くないです。流れとしては、マインド指標が動いて次にハードの指標が連れ動くので、マインド指標が低下するのは特段良くないことだと思って経済指標を見るようにしましょう。



経済指標カレンダー

常にチェックしておくべき重要な経済指標は、当サイトのリアルタイム世界の主要株価指数・為替・国債・金利・商品市場のページの下部にある「経済指標カレンダー」の欄で、発表前の市場予想の数値(「予想」)と、発表後の実際の数値(「実際」)を確認することができます。













株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← 経済指標トップページへ戻る | トップ | 雇用へ進む →


※その他「経済指標」に関する記事は以下


経済指標


経済指標を見て相場を予測しよう

経済指標を見て相場を予測しよう

雇用

生産

物価

景況感(センチメント)

貿易収支

マネタリーベース

米国の経済指標(1)

雇用

生産

物価

景況感(センチメント)

米国の経済指標(2)

小売売上高

住宅

貿易収支(米国)

FFレート

ベージュブック(地区連銀経済報告)




世界の流れを見よう

OECD・国連・IMF・世界銀行

G7・G20(主要国国際会議)




 もっと詳しく

経済指標をもっと(1)

マネーストックとは(マネーサプライ・マネタリーベースとの違い)

OECD景気先行指数(CLI)

GDPの見方

名目GDP・実質GDPとは(その見方)

名目経済成長率(名目成長率)とは

実質経済成長率(実質成長率)とは

国際収支・経常収支・金融収支・資本移転等収支とは

リビジョン・インデックスとは

期待インフレ率とは

ブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)とは

経済サプライズ指数(エコノミック・サプライズ指数)

経済指標をもっと(2)

単位労働コストとは

労働力人口・労働力率とは

売上高在庫比率とは(在庫売上倍率)

バルチック海運指数

預貸率とは(解説と見方)

米国の経済指標をもっと(1)

月次財政収支(米国)

GDPナウとは(GDP NOW)

FRBNYスタッフ・ナウキャストとは

失業保険継続受給者数

労働市場情勢指数(LMCI )とは

チャレンジャー人員削減数

雇用コスト指数

労働生産性指数

中小企業楽観指数

設備稼働率(米国)

製造業新規受注(米国)

卸売在庫(米国)

輸入物価指数(米国)

個人所得(米国)

個人消費支出(PCE)とは

PCEデフレータ・PCEコアデフレータとは(見方と解説)

消費者信用残高(米国)




米国の経済指標をもっと(2)

ダラス連銀製造業活動指数

リッチモンド連銀製造業指数

シカゴ連銀全米活動指数(CFNAI)

建設支出(米国)

住宅取得能力指数

MBA住宅ローン申請指数

中古住宅販売保留指数(米国)

米国商業用不動産価格指数(グリーン・ストリート・アドバイザーズ)

金融ストレス指数

景気先行指数

IBD/TIPP景気楽観指数

欧州の経済指標

ドイツ

独IFO景況指数

独ZEW景気期待指数

独鉱工業生産(IIP)

独生産者物価指数(PPI)

独消費者物価指数(CPI)


ユーロ圏

ユーロ圏製造業PMI

ユーロ圏サービス業PMI

ユーロ圏ZEW景況感調査

日本の経済指標をもっと

財政収支(日本)

法人企業景気予測調査

景況判断BSI(景況判断指数)

製造工業生産予測指数

設備稼働率(日本)

第3次産業活動指数(ITA)

工作機械受注額

対外証券投資・対内証券投資とは

対外純資産残高とは

さくらレポートとは(地域経済報告)

輸入物価指数(日本)

刈込平均値とは

消費者態度指数

消費活動指数

企業向けサービス価格指数




アジアの経済指標

アジア・コンセンサス