本文へスキップ

営業活動によるキャッシュフロー

営業活動によるキャッシュフロー



営業活動によるキャッシュフローとは

営業活動によるキャッシュフロー(英語:cash flows from operating activities)とは、会社の本業における販売や仕入、製造の際に生じたキャッシュの増減を示したものです。「営業キャッシュフロー」とも呼ばれます。



営業活動によるキャッシュフローの見方をわかりやすく

キャッシュフロー計算書は、

@営業活動によるキャッシュフロー
A投資活動によるキャッシュフロー
B財務活動によるキャッシュフロー

の3つに分類されますが、このうち営業活動によるキャッシュフローが最も大切です。


営業活動によるキャッシュフローは、会社が本業で稼いだお金の増減なので、ここで多くのキャッシュを獲得していないと困る項目です。ゆえに、この項目の合計数字が大きい場合は、いい会社だと判断できます。キャッシュフローの健全な状態というのは、本業の営業活動で多くのキャッシュを生み出し、そのキャッシュを投資活動や財務活動にまわす形です。一方、営業活動でキャッシュが稼げない、または減少してしまうと、銀行から資金を借りたり、自社の資産を売却したりして、投資活動や財務活動によって資金をつくらなければならなくなります。

営業活動によるキャッシュフローは、つまり、本業がどれだけのキャッシュを生み出す力を持っているかを示しますので、その会社の実力を表します。ゆえに、営業活動によるキャッシュフローは多ければ多いほどいいです。違う言い方をすれば、プラスでなければダメな項目です。前期と比べてこの項目の合計数字が伸びていれば、今後の期待にも繋がります。

営業活動によるキャッシュフローが多ければ借入金の返済ができますし、設備投資や先行投資も行え、株主への配当も多くすることができます。

営業活動によるキャッシュフローは、売上高との割合で分析されることもあります。営業活動によるキャッシュフローの合計の数字は、売上高の7%から8%あれば標準だとされています。




営業活動によるキャッシュフローが減ってきている・・・

成熟した会社の場合、成長が鈍化して営業活動によるキャッシュフローが減ってきていることがあります。これは良くない状態で、先行投資するキャッシュがなくなってきますし、成長鈍化による競争力低下も懸念されます。キャッシュが減ってきてますので、借入金を増やすか増資に頼らなければ資金ショート(キャッシュがなくなって運転資金が不足する状態)して倒産することもあります。ゆえに、成長が鈍化している会社の営業活動によるキャッシュフローは、常にチェックしておく必要があります。




営業活動によるキャッシュフローがマイナス

営業活動によるキャッシュフローは、マイナスで出てくる会社もあります。一般的に、得られるキャッシュより支払いが多い経常赤字(受払の収支が赤字)の会社は営業活動によるキャッシュフローがマイナスで出てきます。この場合、銀行の融資か資産を売ってキャッシュをつくりますが、それを繰り返しているとキャッシュがなくなってしまって倒産してしまいます。営業活動によるキャッシュフローがマイナスということは、損益計算書で言えば「営業損失」と同じ意味です。

また、売上が伸びていて成長している会社でも、営業活動によるキャッシュフローがマイナスで出てくることがあります。企業同士の取引では、商品は渡したけれど、振り込みは数か月後ということが普通にあります。つまり、現金は数か月後しか入ってこないのです。これを「収支ギャップ(しゅうしぎゃっぷ)」といいますが、この収支ギャップによる影響が大きいと見れます。売上が急速に伸びている場合は、利益が出ていても営業活動によるキャッシュフローがマイナスで出てくることがあるのです。この場合は銀行の融資で収支ギャップを穴埋めするのが一般的ですが、銀行が貸してくれない場合は黒字でも倒産する可能性があるので注意が必要です。

景気敏感株は、業種によっては景気が悪くなれば営業活動によるキャッシュフローがマイナスで出てきやすいです。その際は決算書を見て個別に判断する必要がありますが、1期だけである場合はあまり問題はない場合が多いです。ただ、2期以上続けば収益性に問題がある可能性があるため、投資対象としての魅力はなくなります。また、グロース株(成長株)の場合は、将来に向けて在庫を増やしたり、収支ギャップで営業活動によるキャッシュフローが2期以上マイナスになることもあります。この場合も安全性に欠けてしまいますので注意が必要です。




総資産営業キャッシュフロー比率で経営の効率性を見る

その会社の経営の効率性を見るには、営業活動によるキャッシュフローと総資産(自己資本負債)の比率(総資産営業キャッシュフロー比率)を見ましょう。計算式は以下の通りです。


純資産営業キャッシュフロー比率(%)=営業活動によるキャッシュフロー÷総資産


この水準が高ければ高いほど、効率的な経営がされていると見ることができます。この数値が高いということは、少ない資産で多くのキャッシュを生み出せる力があるということを示します。資産を持ってお金を生み出すということは、資産内容をしっかり把握して、その資源を上手に生かして儲けている、つまり稼ぐ力があるということです。よって、同業他社と比較して、営業活動によるキャッシュフローと総資産の比率が高い方の銘柄に投資した方が期待が持てますし、そういった銘柄は人気が集まりますので株価上昇も期待できるといえます。




売上高営業キャッシュフロー比率とは

売上高営業キャッシュフロー比率とは、売上高に対する営業キャッシュフローの比率です。売上高に対して本業でどれだけ利益を上げたかを示す指標です。黒字倒産の危険性をチェックするための指標です。計算式は以下の通りです。


売上高営業キャッシュフロー比率(%)=営業活動によるキャッシュフロー÷売上高×100



売上高営業キャッシュフロー比率の見方と、営業利益率との違い

売上高営業キャッシュフロー比率は、営業利益率と似た指標で、計算式の通り、営業利益率の分子を「営業活動によるキャッシュフロー」に置き換えた指標ですが、意味合いが異なりますので解説します。

営業活動によるキャッシュフローは、会社が本業で稼いだキャッシュを示します。売上高が増えたからと言って、また利益が上がったからと言って、キャッシュが増えたとは言えません。上記で解説しましたが、それは「収支ギャップ」が影響するからです。中小企業の場合は収支ギャップで黒字でも倒産する可能性もあるため、売上高がキャッシュの裏付けになっているかをチェックするする必要があります。その指標が売上高営業キャッシュフロー比率です。つまり、安全性を見るための指標です。

売上高営業キャッシュフロー比率は高ければ高いほどいいです。売上高に対して、入ってくるキャッシュが多いということを示すからです。売上高営業キャッシュフロー比率が低い場合、支払いにあてる現金が不足していることをしましますので、利益が多く出ていても注意が必要です。会計上で利益が出ていても、キャッシュが入ってきていなければ正常な企業活動が行われていないと言えます。借入をしてしのぐほかありませんが、その借入が経営を圧迫する可能性があります。




ーキャッシュフロー計算書の表ー

 

1、営業活動によるキャッシュフロー
   税引前当期純利益
   減価償却費
   減損損失
   有価証券評価損
   貸倒引当金の増加額
   売上債権の増加額
   棚卸資産の増加額
   仕入債務の増加額
   支払債務の増加額
   受取利息及び受取配当金
   支払利息
     小計
   利息及び配当の受取額
   利息の支払額
   その他
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 営業活動によるキャッシュフロー


2、投資活動によるキャッシュフロー
   有形固定資産などの取得による支出
   有形固定資産などの売却による収入
   投資有価証券の取得による支出
   投資有価証券の売却による収入
   その他
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 投資活動によるキャッシュフロー


3、財務活動によるキャッシュフロー
   短期借入金の返済による支出
   長期借入金の返済による支出
   社債の発行による入金額
   配当金の支払額
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 財務活動によるキャッシュフロー


4、現金及び現金同等物の減少額
5、現金及び現金同等物の期首残高
6、現金及び現金同等物の期末残高


:姉妹サイト「株式投資大百科」の解説ページ


関連記事



関連記事2
























← キャッシュフロー計算書とはへ戻る | トップ | 投資活動によるキャッシュフローへ進む →


※その他「株式」に関する記事は以下

株式


基礎知識(1)

はじめに(まずはここから)

投資とは

株式とは

株価とは

実勢株価と理論株価

株式投資の目的(キャピタルゲインとインカムゲイン)

銘柄

証券コード


株の種類

大型株・中型株・小型株

値がさ株・低位株

仕手株

ボロ株

基礎知識(2)

相場とは

市場とは

取引時間

寄付き

前引け

大引け

ザラバ


4本値

始値

安値

高値

終値

基礎知識(3)

値幅制限

出来高


買い方と売り方

注文(成行注文と指値注文)

売買手数料

約定

株式の受渡日

利益確定

損切り

順張りと逆張り


ポートフォリオとは

株の情報を収集する

NISA(ニーサ)とは

金利と利回りの違い




ファンダメンタル分析(1)

決算書を読む前に

決算書を読むための基礎知識


損益計算書

損益計算書とは

売上高

営業外収益

売上原価

販売費及び一般管理費

営業外費用

売上総利益(粗利益)と売上総利益率

営業利益と営業利益率

経常利益と経常利益率

特別利益と特別損益

税引前当期純利益

当期純利益

損益計算書から危険を察知する

ファンダメンタル分析(2)

貸借対照表

貸借対照表とは

資産とは(流動資産と固定資産)

負債とは(流動負債と固定負債)

自己資本(純資産)とは

自己資本比率


キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書とは

営業活動によるキャッシュフロー

投資活動によるキャッシュフロー

財務活動によるキャッシュフロー

フリーキャッシュフロー


その他

決算書にでてくる用語

株価の変動要因「業績の変化率」

株価指標

株価指標について

EPS(1株当たり利益)

PER(株価収益率)

BPS(1株当たり純資産)

PBR(株価純資産倍率)

配当

配当利回り

配当性向

ROE(自己資本利益率)

ROA(総資産利益率)

PEGレシオ

信用残(信用買残と信用売残)の見方

日証残と信用情報の見方

回転日数とは

貸借値段

貸借比率

発行済株式数

時価総額

単位株制度と単元未満株




企業の動きを確認しよう

株式分割

増配と減配

株主優待

優待利回り

自社株買い

増資

減資

立会外分売

株式交換

減損会計(減損処理)

粉飾決算

従業員持ち株制度

ストックオプション

株式報酬制度とは

普通社債

転換社債

劣後債

TOB(公開買い付け)

M&A

テクニカル分析(チャート分析)1

ローソク足とは

ローソク足の基本

ローソク足の組合せ

日足・週足・月足の使い分け

移動平均線とは

ゴールデンクロスとデッドクロス

移動平均線をもっと活用する


トレンド分析

レジスタンスラインとサポートライン

上昇・下降ペナント型

上昇・下降三角型

上昇・下降フラッグ型

上昇・下降ウェッジ型

対称三角型

ボックス相場

テクニカル分析(チャート分析)2

チャートのパターン

ダブルトップとダブルボトム

三尊天井と逆三尊

半値戻しと半値押し

1/3戻しと1/3押し

三角持ち合い

窓と窓埋め

三段高下の法則


テクニカル指標

テクニカル指標とは


トレンド系

エンベロープ

パラボリック

一目均衡表

OBV


オシレータ系

RSI

ストキャスティクス


トレンド系+オシレータ系

ボリンジャーバンド

MACD


テクニカル分析の注意点




業界別株価動向と特徴(1)

自動車株

自動車関連株

ゴム株

電機株

家電株

半導体株

機械株

鉱山株

建設株

鉄鋼株

空運株

業界別株価動向と特徴(2)

海運株

電鉄株

電力・ガス株

化学株

製薬株

紙・パルプ株

商社株

小売株

食品株

農業株

銀行株

業界別株価動向と特徴(3)

証券株

不動産株

バイオ株

物流株

繊維株

建機株


アナリスト

アナリスト予想

レーティング




投資スタイルを決めよう

投資スタイルを決めよう

スキャルピング

デイトレード

スイングトレード

長期投資(バイアンドホールド)

マーケットを見てみよう

マーケットを見てみよう

日経平均株価とは

TOPIX(東証株価指数)とは

JPX日経インデックス400とは

東証二部とは

JASDAQとは

マザーズとは

REITとは

NYダウとは

ナスダックとは

S&P500とは(S&P500種株価指数)

ドル建て日経平均株価とは

日経平均先物とは

市場のプレイヤーを把握しよう

市場のプレイヤーを把握しよう

外国人投資家

ヘッジファンド

機関投資家

個人投資家

GPIF

日本銀行




需給をチェックして相場を見よう

需給をチェックして相場を見よう

投資部門別売買状況

信用評価損益率

裁定買残

騰落レシオ

移動平均乖離率

日経VI(ボラティリティインデックス)

VIX指数

NT倍率

ST倍率

NN倍率

季節ごとの相場

1月から4月

節分天井彼岸底

セルインメイ

七夕天井・天神底

サマーラリー

夏枯れ相場

10月から4月

餅つき相場

時期ごとに注意すべきイベント

権利確定日・権利取り日・権利落ち日

SQ

ドレッシング買い

バスケット買い

45日前ルール

レパトリエーション




ETFを活用しよう

ETFを活用しよう

IPO

IPO(新規公開株式)とは

IPOの買い方

IPOの注意点と売り時

信用取引

信用取引とは

信用取引の保証金

制度信用と一般信用

信用取引にかかる費用

追証とは

逆日歩とは




 もっと詳しく

ファンダメンタル分析をもっと(1)

決算

決算短信とは

決算説明資料とは(見方と決算短信との違い)

決算日・決算発表日とは(カレンダーによる解説)


四半期決算ごとの特徴

第1四半期決算とは(特徴と株価動向)

中間決算とは(特徴と株価動向)

第3四半期決算とは(特徴と株価動向)

本決算・期初予想とは(特徴と株価動向)

ファンダメンタル分析をもっと(2)

決算プレーについて

決算発表前の株価の動き

決算発表時の株価の動き

決算発表後の株価の動き


米国の決算

米国決算の見方と特徴(日本株への影響)

日本株と米国株の配当の違い


会計基準

ギャープ(GAAP)とは

ノン・ギャープ(Non-GAAP)とは

ファンダメンタル分析をもっと(3)

損益分岐点・損益分岐点比率とは

為替差益とは

為替差損とは

ネットキャッシュとは(解説と見方)

DEレシオ・ネットDEレシオとは

投下資本利益率とは(ROIとROICの違い)

繰延税金資産とは

のれん代・逆のれん代とは

倒産のリスクは当期利益よりキャッシュフローを見るのが基本

金庫株とは

総還元性向とは

想定為替レートとは

想定為替レートと実勢為替レートの見方

市場予想とは

QUICKコンセンサス(業績予想)とは




株価指標をもっと見る

CAPEレシオとは

スパイクスとは(VIX指数との違い)

日経平均ヒストリカル・ボラティリティー(HV)とは

空売り比率とは

信用倍率とは(貸借倍率との違いと見方)

企業の動きをもっと確認(1)

自社株買いの実際の買い付けはいつ?

株式持ち合いとは

民事再生法とは

継続企業の前提とは

ディスクロージャーとは

ドミナント戦略とは

OEMとは・ODMとは(その違い)

不祥事が起こった場合に見るべきポイント

企業の動きをもっと確認(2)

経営とは

経営計画とは・予算とは

子会社・関連会社とは

持ち分法適用会社とは(連結子会社との違い)

企業の資金調達の方法

新株式の価格の決め方

メインバンクとは

銀行取引停止処分になると?

ベンチャーキャピタルとは




テクニカル分析をもっと

陽線と陰線の色の設定について

鯨幕相場(くじらまくそうば)とは

半値戻しは全値戻し(2つの意味)

上昇トレンドとは?下落トレンドとは?ダウ理論

調整とは(調整のメド)

業界別株価動向と特徴をもっと

景気敏感株・ディフェンシブ株の分類

非鉄株

石油元売り株

マーケットをもっと見る

ラッセル3000指数・ラッセル2000指数(解説と見方)

配当貴族指数とは

MSCIとは(銘柄入れ替えによる影響)

iTraxx(アイトラックス)とは

IEXとは(ダークプール・スピードバンプについて)




需給をもっとチェックする

CFTC(米商品先物取引委員会)とは

IMM投機筋ポジション(シカゴIMM投機筋ポジション)とは

日経VIの見方

外国人の売買動向を知るには?

PKO(株価維持政策)とは

投資信託の運用手数料引下げによる株価への影響

改正確定拠出年金法とはー株価への影響

資産効果とは(ピグー効果とは)

逆資産効果とは

HFT(超高速取引・高頻度取引)とは

CTA(商品投資顧問)とは

投資家心理指数とは

相場をもっと知る

掉尾の一振(とうびのいっしん)とは

クリスマスラリー(サンタクロースラリー)とは

干支の相場格言

月と株価の関係(満月と新月のアノマリー)

ジブリの法則とは|市場のアノマリーを検証

踏み上げとは(踏み上げ相場とは)ー見分け方ー

官製相場とは

閑散に売りなしとは

相場急落時の対応

相場急落時の対応

相場急落時に見るべき指標

世界的に株安になる時の投資家の動き

株価の底打ちシグナルの見分け方

狼狽売り(ろうばいうり)とはー狼狽売りの適切な考え方




REITをもっと分析する

REITを分析する(REIT指数の上昇・下落の要因)

相場サイクル

金融相場とは(見分け方)

業績相場とは(見分け方)

逆金融相場とは(見分け方)

逆業績相場とは(見分け方)


クレジット・サイクル

クレジット・サイクルとは

株価をもっと知る

決算で業績がよかったのに株価はなぜ下がる?

信用期日に株価は上がる?下がる?

ドル/円の上昇率と日経平均株価の上昇率の関係

日経平均株価が急落しても日経VIが上がらない時の理由