本文へスキップ

お金とは何か

お金とは何か



お金とは

お金(英語:money)とは、共同幻想の物体、及びその概念です。要するに、お金はみんながお金だと思っているから(信用しているから)お金となっています。お金はみんながお金と信じているから成立している、とも言えます。みんながお金はお金だと思ってなかったら紙幣はただの紙切れですし、硬貨はただのコインです。このように、共同の幻想が働いているからお金はお金として成り立っています。

お金は、必要なモノや欲しいモノを買うために使ったり(消費)、生活を豊かにするために使ったり(投資)、お金を使わなくてもよい衝動買いやお酒やタバコなどの嗜好品を買うために(浪費)使われます。



紙幣を発行しているのは中央銀行、硬貨は日本国(造幣局)が発行

お札(紙幣)を発行できるのは、中央銀行である日本銀行です(アメリカではFRB)。発行者である日本銀行から発注を受けて、国立印刷局で製造されています。お札(紙幣)は、正式には”日本銀行券”といいます。「日本銀行が発行している銀行券」ということです。硬貨は日本国が造幣局で発行しています。



なぜお金には価値がある?

上記のように、紙幣はただの紙切れで、硬貨はただのコインです。1万円札という紙切れ自体に1万円の価値はありませんし、500円硬貨も500円の価値はありません。1万円札や500円硬貨を役所に持って行っても金や銀と交換できるということでもありません。つまり、それ相応の「価値の裏付け」がないのです。

その「価値の裏付け」を行っているのが「国」です。国が「これはお金です」と法律で保証しているからみんなそれを信用し、「これはお金だ」と思って利用しています。つまり、国が「価値がある」といっているので価値があるとみなされています。ただし、その「価値」自体に国の保証はなく、その価値はその国の財政経済力、軍事力などに対する信用や、その国のお金が必要か必要でないかといった需給などで形成されます。



お金が果たす3大機能

もし、この世にお金が存在しなかったら、欲しいモノを手に入れるにはどうすればいいでしょうか。欲しいモノを持っている人と自分が持っている何かを交換するといった方法が思いつきやすいですが、それは簡単にできることではありません。相手がそれを欲しいと思うモノがなければ成立しないので交換できない可能性があります。

これを解決するために出てきたのか「お金」です。

お金は、一般的に以下の3つの機能を持っている必要があるとされています。

  • 価値の尺度
  • 価値の交換
  • 価値の保存

お金はこの3つの役割を果たす必要があります。


価値の尺度とは
価値の尺度とは、客観的にモノやサービスの価値を表す機能で、いわばお金としての機能です。お金によって交換や支払いができるということは、すべてのモノやサービスの価値をお金で表現することになりますが、お金という基準でモノやサービス同士の価値の違いを図ることができます。つまり、すべてのモノやサービスはお金で価値を計ることができます。これを価値の尺度といいます。

価値の交換とは
価値の交換とは、モノやサービスを入手する機能で、これもお金としての機能です。お金を使えばモノやサービスを買うことができる機能です。つまり、お金があれば何でも買うことができ、自分の持っているモノはお金に交換できます(売れる)。これを価値の交換といいます。

価値の保存とは
価値の保存とは、将来のために価値を保存しておく機能です。お金は腐ることはなく、壊れることもないです。価値を保存しておくことができます。 ナマモノであれば腐ったり味が変わったりして、将来の交換のために保存しておくことは簡単ではありませんが、お金は使うアテがないものは保管して必要があれば使うことができます。この機能を「価値の保存」といいます。

これらを「お金の3大機能」「お金の3要素」と言い、これらの機能を有するお金があることによって、さまざまな取引がスムーズに行えるようになっています。ゆえに、お金(通貨)は、「経済の血液」とも称されています。


:姉妹サイト「株式投資大百科」の解説ページ























← 経済成長率・潜在成長率とはへ戻る | トップ | 金融とはへ進む →


※その他「経済学」に関する記事は以下


経済学を学ぼう


経済の基礎知識

経済とはー経済学を学ぶー

需給(需要と供給)とはー需給ギャップについてー

合理的経済人と行動経済学について

景気とは

景気で変わる消費動向

経済成長率・潜在成長率とは

お金とは何か

金融とは

近代経済学の父 アダム・スミス

アダム・スミスとは

分業すれば国は豊かになるーアダム・スミスー

自由放任◎!ーアダム・スミスーだが市場は失敗することもある

社会主義の父 カール・マルクス

カール・マルクスとは

資本論とはーカール・マルクスー

社会主義とは(共産主義との違い)ーカール・マルクスー




20世紀経済学者代表ケインズ(1)

ジョン・メイナード・ケインズとは

乗数効果とはーケインズー

消費性向・貯蓄性向とはーケインズー

累進課税とは&収入と所得の違いーケインズー

20世紀経済学者代表ケインズ(2)

企業にお金を使わせるにはーケインズー

流動性の罠とはーケインズー

ニューディール政策(ケインズ理論を採用した例)

ケインズ理論の問題点

新社会主義 ミルトン・フリードマン

ミルトン・フリードマンとは

政府に委ねるべきでない施策14項目ーフリードマン−




インフレとデフレについて

インフレとは

インフレが加速すると?ハイパーインフレとは

デノミネーションとは

ジンバブエはどうやってインフレを解消した?

デフレとは

ディスインフレ(ディスインフレーション)とは

財政政策と金融政策

財政政策とは

為替介入とは

金融政策とは

日銀による金利の引き下げ・引き上げ

バブルについて

バブルとは

日本がバブルになったキッカケ

バブル期に日本企業が土地神話をもとに行った財テクとは?

バブル期の空前の株ブームとは

バブル期、しばらく金利を上げれなかったのはなぜ?

なぜ日本のバブルははじけたのか




通貨について

基軸通貨とは

震災の後、なぜ円高になったのか?

リーマン・ショックを振り返る(1)

米国の商業銀行・証券会社・投資銀行とは

サブプライムローンとは

パッケージ商品となったサブプライムローン

リーマン・ショックを振り返る(2)

リーマン・ショックはなぜ起こった?

リーマン・ショックの影響(その後)