本文へスキップ

オプションの建玉の見方

オプションの建玉の見方



オプションの取引は、相場が上がるのか下がるのかを予想するとともに、ボラティリティが大きく上がるのか下がるのを予想する取引です。このオプションの取引によってSQの値が大きく変動するとともに、株価にも大きな影響が出てきますので、当ページで解説しておきます。



コール・オプションとプット・オプションの見方

オプションの取引は、上記の通り、相場とボラティリティの上げ下げを予想して取引されています。一般的な見方は以下の通りです。

  • 株価上昇+ボラティリティ上昇=コール・オプションの買い
  • 株価上昇+ボラティリティ下落=プット・オプションの売り
  • 株価下落+ボラティリティ上昇=プット・オプションの買い
  • 株価下落+ボラティリティ下落=コール・オプションの売り

例えば、今後株価が上昇してボラティリティーも上昇すると予想すればコール・オプションの買いが増える、といった見方をします。株価が上昇する際に一番多いパターンは「プット・オプションの売り」です。株価の上昇とともにボラティリティが下落することが多いためです。相場が下落する際に一番多いパターンは「プット・オプションの買い」となるのが一般的です。



オプションの建玉の見方

上記の解説で、なんとなく雰囲気は掴めましたでしょうか?では、実際どのように見ればいいのか、具体的に解説してみます。

例えば、あるA証券会社が日経平均株価のオプションで下記のような取り組みをしていたと仮定します。


ストライク コール プット
売り 買い 売り 買い
13,125 700 10
13,000 12,150 2,000
12,875
12,750

この場合、A証券会社は、13,000円のコールの売りを多く出しています。オプションの場合「枚数」となるのですが、13,000円のストライクプライスに12,000枚のコール・オプションの注文を出しています。オプションで1万枚以上の注文を出すのはかなり大きい建玉となりますので、この注文は要注目となります。

この建玉が意味するのは、A証券会社はSQ日に日経平均株価は13,000円以上にはならないと見ていることになります。プット・オプションの買いも2,000枚入れていますので、どちらにしても株価が下落すれば利益が出るような注文を出しています。オプションの建玉はこのような見方をします。ゆえに、各金融機関がどのようなオプションの建玉をしているのかチェックしてSQに向けてどのよな相場を予想しているのかを把握しておくと、SQ日までの日経平均株価の推移を予測しやすくなります。

ボラティリティに関しては、少し見方が違って時間的価値が存在しますので、安い時に買っておいた方がいいという見方をします。ただ、安い時に買った方がいいのですが、買いにするか売りにするかでコール・オプションとプット・オプションに分かれることになります。買いだと予想すればコール・オプション、売りだと予想すればプット・オプションにかけることになります。

これらをまとめた表を以下に挙げておきます。


コール

プット

売り

買い

売り

買い

ストライク これ以上× これ以上○ これ以下× これ以下○
ボラティリティ 下落 上昇 下落 上昇












株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← イン・ザ・マネー(ITM)、アット・ザ・マネー(ATM)、アウト・オブ・ザ・マネー(OTM)とはへ戻る | トップ | オプション取引のレバレッジへ進む →


※その他「デリバティブ」に関する記事は以下


デリバティブ


事前知識

金利とは

債券とは

現在価値・将来価値とは

デリバティブの基礎知識

デリバティブとは

デリバティブ取引をする目的

デリバティブ取引の利用方法

ヘッジとは

裁定取引(アービトラージ)とは

スペキュレーション(投機)とは

デリバティブの種類(先物・オプション・スワップ)

レバレッジ効果とは




先物取引の基礎

先物取引とは

現物とは

先物の市場についてーCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)とはー

証拠金・差金決済とは

先物価格と現物価格の連動

通貨先物取引とは

株価指数先物取引とは

先物と先渡しの違い

日経平均・配当指数先物とは

東証マザーズ指数先物とは

オプション取引の基礎(1)

オプションとは

オプション取引の権利と義務

コール・オプションとは

プット・オプションとは

オプション取引の買いと売りとは(オプション取引の4パターン)

プレミアム(オプション料)とは

ストライク・プライス(権利行使価格)とは

行使期間(アメリカンタイプとヨーロピアンタイプ)

ボラティリティとは

イン・ザ・マネー(ITM)、アット・ザ・マネー(ATM)、アウト・オブ・ザ・マネー(OTM)とは

オプションの建玉の見方

オプション取引の基礎(2)

オプション取引のレバレッジ

キャップとは(オプション)

フロアとは(オプション)

カラーとは(オプション)

デルタ/ガンマ/ベガ/セータ/ローとは(オプションの指標)

通貨オプションとは

株価指数オプションとは

合成ポジション(ストラドル・ストラングル)とは

クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)とは

プット・コール・レシオとは




スワップ取引の基礎

スワップとは

金利スワップとは

LIBORとは

通貨スワップとは