本文へスキップ

オプションとは

オプションとは



オプションとは

オプションとは、”選ぶ”という意味をもつ英語の「オプト」の名詞形で、〜を実行する”権利”のことです(オプションの意味する”権利”には「買う権利」と「売る権利」があります)。

デリバティブ取引の一つであるオプション取引は、そのオプションを売ったり買ったりする取引のことで、現在の市場価格に関係なく、あらかじめ定められた期日(満期日)に、あらかじめ定められた価格(権利行使価格)でオプションを売買する取引のことです。

オプション取引で重要なのは、「買う権利or売る権利」を売買する取引であるということです。「権利」ですので「義務」が生じないということがポイントとなります。義務が生じないので、その権利を実行するか放棄するかは任意となります。



例えば、これから値上がりしそうな株があるとします。その株が値上がりすれば利益が出るのですが、値下がりしてしまったら損失を被ることとなります。
この場合、その株を実際に買い切ってしまうのではなく、”買う権利”だけ持っていたとすれば、その株が値上がりすれば買う権利を行使して利益を出すことができ、逆に値下がりしてしまったらその権利を放棄すれば損失を被らなくてすみます。そういった都合のいい取引ができるのがオプション取引です。
オプション取引では、逆にこれから値下がりするぞ、と思えば、”売る権利”を買って、値下がりすればその権利を行使して利益を出すことができ、値上がりして損失を被ってしまいそうなら、その権利を放棄することができます。


ただし、そんな都合のいい取引はタダではできません。例えば買う権利を得ようと思えば、その権利を提供してくれる人が必要となります。提供する側にとっては都合のいい権利を売る、つまり、提供する側にとって損失が出る方向に相場が動いたとしても、その時に買う権利を得た人が権利を行使できる、という義務を負うこととなりますので、”オプション料”を支払う必要があるのです。
この仕組みは、オプション取引において非常に重要な点で、オプション取引では買う権利と売る権利、また買いや売りを間違えてしまうと危険な取引となってしまうことがありますので、次ページからオプション取引についてさらに細かく解説していきます。













株式マーケットデータ

市場の相場や需給を把握する際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

株式投資大百科

株式投資の総合サイトです。

← 東証マザーズ指数先物とはへ戻る | トップ | オプション取引の権利と義務へ進む →


※その他「デリバティブ」に関する記事は以下


デリバティブ


事前知識

金利とは

債券とは

現在価値・将来価値とは

デリバティブの基礎知識

デリバティブとは

デリバティブ取引をする目的

デリバティブ取引の利用方法

ヘッジとは

裁定取引(アービトラージ)とは

スペキュレーション(投機)とは

デリバティブの種類(先物・オプション・スワップ)

レバレッジ効果とは




先物取引の基礎

先物取引とは

現物とは

先物の市場についてーCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)とはー

証拠金・差金決済とは

先物価格と現物価格の連動

通貨先物取引とは

株価指数先物取引とは

先物と先渡しの違い

日経平均・配当指数先物とは

東証マザーズ指数先物とは

オプション取引の基礎(1)

オプションとは

オプション取引の権利と義務

コール・オプションとは

プット・オプションとは

オプション取引の買いと売りとは(オプション取引の4パターン)

プレミアム(オプション料)とは

ストライク・プライス(権利行使価格)とは

行使期間(アメリカンタイプとヨーロピアンタイプ)

ボラティリティとは

イン・ザ・マネー(ITM)、アット・ザ・マネー(ATM)、アウト・オブ・ザ・マネー(OTM)とは

オプションの建玉の見方

オプション取引の基礎(2)

オプション取引のレバレッジ

キャップとは(オプション)

フロアとは(オプション)

カラーとは(オプション)

デルタ/ガンマ/ベガ/セータ/ローとは(オプションの指標)

通貨オプションとは

株価指数オプションとは

合成ポジション(ストラドル・ストラングル)とは

クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)とは

プット・コール・レシオとは




スワップ取引の基礎

スワップとは

金利スワップとは

LIBORとは

通貨スワップとは