本文へスキップ

為替報告書(米国財務省)

為替報告書(米国財務省)



為替報告書とは

為替報告書(Report to Congress on International Economic and Exchange Rate Policies)とは、4月と10月に公表される、米国の財務省が連邦議会に提出する報告書のことです。



為替報告書(米国財務省)では、他国が為替介入などによって為替相場を操作して、自国の通貨安を誘導して米国に不利益をもたらしていないか、そういった国はないかなどが記載されます。基本的に、米国経済を主眼においた記載内容であるため、米国財務省が他国通貨の水準をどう見ているのかが把握できる報告書です、よって、その内容によっては、通貨高や通貨安要因となるため、市場からの注目度が高い報告書です。



関連記事























← 購買力平価とはへ戻る | トップ | 監視リストとはー米国為替報告書へ進む →


※その他「為替」に関する記事は以下