本文へスキップ

円買い・円売りとは

円買い・円売りとは



円買いとは

円買い(えんがい)とは、投資家が外国為替市場で円を買って他国の通貨を売ることです。円が買われるということは、他国の通貨に対して日本円の価値が高まっていることを意味しますので、為替相場円高へ推移します。

投資家が円を買う理由は様々あります。日本の経済が上向きになっていて景気が上昇すると、円の価値が高まりますので円は買われやすくなりますし、中央銀行金融政策によって金融引き締めがあった場合や、日本と他国の金利差が縮まった場合、日本より他国の経済が減速して、他国の通貨が弱くなった場合などは円が買われやすくなります。


(参考)有事の円買い(リスクオフでなぜ円高になる?)

円売りとは

円売り(えんうり)とは、投資家が外国為替市場で円を売って他国の通貨を買うことです。円が売られるということは、他国の通貨に対して日本円の価値が弱まっていることを意味しますので、為替相場は円安へ推移します。
投資家が円を売る要因は様々あります。日本の経済が下向きになっていて景気が減速すると円の価値が弱まりますので円は売られやすくなりますし、中央銀行の金融政策によって金融緩和があった場合や、日本と他国の金利差が広がった場合、日本より他国の経済が改善して他国の通貨が強くなった場合などは円が売られやすくなります。


為替相場は、これらが複合的に交差して相場が形成されます。ゆえに、一つの理由だけで円買いや円売りがされているわけではないのですが、まずは上記の基本的な円買い、円売りの要因をおさえて為替相場を見ることが大切です。


:姉妹サイト「株式投資大百科」の解説ページ


ドル/円・ユーロ/円・ユーロ/ドルの推移

ドル円・ユーロ円・ユーロドルの推移は、姉妹サイト「株式マーケットデータ」で確認できます。





動画で解説ーYouTube−















※リアルタイムの為替の動きは、当サイトのリアルタイム世界の株価のページの”為替”の欄で確認できます。



関連記事

姉妹サイト「株式投資大百科」より























← 円高・円安とはへ戻る | トップ | 為替の変動要因へ進む →


※その他「為替」に関する記事は以下